教育方針 policy


ごあいさつ

 進学塾一歩は、教育先進国シンガポールで長年経験を積んだ実力派講師達が2012年2月にバンコクで立ち上げた塾です。バンコクで活躍される小学生・中学生の皆さんの学習生活をサポートいたします。
 日本から離れ、海外でのお子様の教育について不安を持たれる保護者様の方々のために、長年海外で経験を積んだノウハウを生かし、日本以上に充実した学習環境をご提供させていただきます。海外校ならではの柔軟なコース対応に加え、専任講師による少人数クラス制のきめ細かい指導でお子様の歩幅にあわせながら、一歩一歩着実に前に進んでいけるようお手伝いいたします。
 ぜひ、進学塾一歩でともに一歩一歩、歩んでいきましょう。


方針

 勉強はつきつめると自分自身との戦いになります。生徒本人が「勉強したくない・・・」「先生がやれっていうからやるか・・・」という消極的な気持ちで勉強するよりも、「成績を上げたい!」「もっと知識を得たい!」という気持ちで勉強を始めたとき、成績は急上昇していきます。勉強への自覚を持つことが成績アップの大事なファクターとなるのです。ですから強制された勉強では、学習効果はいまひとつ上がらないでしょう。
 進学塾一歩では生徒本人のやる気を引き出し、厳しくも楽しい授業を展開しています。ただただ努力を強制されるのではなく、本人が自覚を持って勉強に取り組んでいける目標設定が常に仕掛けられています。
 また、当塾ではいわゆる「勉強のできる子」だけを手厚くみることはありません。勉強が得意な子も勉強が苦手な子も、塾生全員でレベルアップしていけるよう日々頑張っています。


一歩の特徴

 

 

 

居残り補習
 進学塾一歩では、中学生の授業で居残り補習を行っております。居残り補習の対象となるのは、毎回行われる小テストで合格点に辿りつかなかった生徒、授業中の理解度が低い生徒などです。もちろん、居残りして勉強していくことを希望する生徒も可能です。そのため、帰りの塾バスは通常の帰宅バスとは別に、「居残りバス」が22:30に発車しています。進学塾一歩では、毎週の授業1回1回を大事にしていきます。

土曜補習
 1度の授業で学習内容を理解することが理想ですが、現実問題として全員が完璧に全てを理解できることは残念ながらありません。また、習ったときには理解できていたことも時間が経つと忘れてしまうのは「ヒト」として当然のことでしょう。そのため、成績アップする勉強方法とは、自ずと地道な反復練習を繰り返す作業になってくるのです。進学塾一歩では、通常の授業、宿題、小テスト、居残り補習でもまだまだ不十分な生徒は、土曜日等に補習を無料で行います。担当講師の呼び出しが普通ですが、一歩の生徒達は自ら土曜に補習にやってくる生徒が非常に多いです。しっかりと勉強時間を確保して疑問点を一つ一つ解消することにより、「問題が解けるから勉強が楽しい!」という、好循環のスパイラルに乗ることができるのです。

電子黒板の導入

 授業をよりスムーズに行うために、進学塾一歩では2017年から電子黒板を導入しました。これにより生徒たちは今まで以上に分かりやすい授業を受けることができるようになりました。また電子黒板の特徴を生かし、写真や映像を盛り込んだ授業で、飽きのこない密度の高い授業を展開いたします。

ベテランの講師陣

 一歩の講師は海外で10年以上の経験を持つベテラン講師がほとんどです。各教科のポイントを熟知し、生徒のやる気を刺激する魅力的な授業を、どの教科でも体験することができます。一般の入試はもちろん、特殊な帰国子女向け海外入試についても豊富な経験で的確にアドバイスいたします。