中学部コース


中1コース

 

数学

算数と数学の違いは主に『負の数』と『方程式』が出てくるところです。その2つを突破するには計算力の養成が必須です。まず計算練習を徹底的に行い、次のステップとして、文章の数式化の練習を行い、高校入試における数学の土台作りを行っていきます。

国語

中学生の国語は、小学生のときよりも説明文が多くなり、理詰めで読む力が要求されます。また、国文法や古典などの新たな学習事項も登場します。この流れにスムーズに乗れるよう、少人数編成で一人ひとりに手厚い指導をしていきます。

英語

中学1年生の学習で大きな山となる、「be動詞と一般動詞の使い分け」「三人称単数」「一般動詞の過去形」の3つの単元の理解を意識しながらじっくりと進めていきます。ここでつまずくとこの先、苦手科目になり得ますので、徹底的に鍛えていきます。


中2コース

 

数学

中学2年生では、『一次関数』、『図形の証明』、『確率』といった高校入試に出てくる単元が扱われるため、中2数学は受験勉強に直結します。そのため、むやみにペースを上げず、クラスの習熟度を見ながら一歩一歩着実に進んでいきます。

国語

中2の中だるみとよく言われるところですが、特に国語は勉強がおろそかになりがちです。ことわざ・慣用句・四字熟語といった基礎知識の習得と古典の内容理解を最大の目標とし、入試を意識した授業を行なっていきます。

英語

一般に高校入試に必要な知識の約7割が中学2年生で登場します。毎回、小テストを取り入れ、理解度を確認しながら丁寧に進めていきます。また、学校の進度を意識した先取り学習で一歩上のレベルで中学3年生に臨みます。


中3コース

 

数学

中3のカリキュラムは大きく2つの時期に分けられます。まず夏までに中3の内容を学習し、中学数学の内容を全て完了させます。そして2学期以降は志望校対策、難関校対策を各自の目標にあわせて学習していきます。

国語

前半は漢字・文法・四字熟語・ことわざ・慣用句・難語などの知識事項の暗記を徹底させ、国語で遅れをとらない学習をさせていきます。後半は試験で問われるテーマに絞った入試問題を数多く解くことで、最近の入試で問われる内容に抵抗感がなくなるようにしていきます。帰国生でも国語で充分勝負できる力を身に付けるのが目標です。

英語

入試英語のキーポイントは長文です。「物語文」「手紙文」「論説文」など、さまざまなジャンルの長文を読み取り、その内容を把握できる力を養成します。文法は中3の早い時期に完成し、単語・イディオムなどを完璧に身につけさせます。また、過去問演習も早い時期からスタートし、試験本番の時には英語が大きな武器となる力を1年間で養成していきます。

土曜特訓

受験学年の中3生向けに、土曜日の特訓授業をご用意しております。各自の志望校合格に向けて、重要科目である英語・数学の講義を毎週行っていきます。また、受験を突破するための重要な知識やテクニック等の徹底演習の授業ですので、中3生徒は必修とさせていただいています。どうしても参加ができない場合は講師にご相談ください。 

理科/社会

最近の入試は公立高校の人気や推薦入試が増え内申点の重要性がますます増してきています。そのため主要3教科以外の科目についても、定期テストを中心に入念な準備が必要です。中2・中3では理科社会の学習を毎週90分ずつ行い、5科のバランスに優れた生徒を育てていきます。