絵の才能ゼロの男がLineスタンプをつくってみた

今年の冬の特別講座「オリジナルイラストでLineスタンプをつくってみよう!」は、おかげさまで事前の評判が良いようで多くのお問い合わせをいただいています。

12/13現在まだまだお席はありますので、興味のある方はどうぞお早めにお申し込みください。

また、講座に先立ちOne Step +αの公式Lineスタンプを公開しました。

 

Lineスタンプの講座は、お絵描き好きの生徒たちにパソコンで思い通りの絵を描いてもらいたい!という気持ちから、デジタルイラストの講座を考え始めたのがきっかけです。

しかし、デジタルイラストのツールは仕事上よく使っていましたが、私は絵が下手すぎて絵を描くことは教えられません。

※冬休み特別講座ではデジタルイラストツールの使い方やLineスタンプの申請までの流れは教えますが、「上手な絵の描き方」は教えません(教えられない)!ごめんなさい。

 

どのくらい絵が下手かと言うと、学生の頃の教科でもっとも苦手なものが美術。

もちろん成績は最低の「1」の経験もあり、私より絵が下手な人を見つけるのは砂漠から一粒の砂を見つけるほどに難しいと言われるほどです。(だれに?) 

もちろん、高校を卒業して以来20数年間、一度も絵をまじめに描いたことはありません。

描こうと思ったことすらないです。

 

ちなみにはじめて描いたネコがこれ(笑)

どこからつっこめばいいか分からないくらいのできです。

 

ただ、自分の中では「あ、ネコなからいけるかも」と謎の自信を持った作品でもあります。

なにしろ、この動物はなに?って聞いたら訝しがりながらも多くの人は「ネコ?」と認識してくれるのではないでしょうか。

相手に「この絵は何か?」が伝わるのなら私にとっては上出来です。

 

次に描いたのがコレ。

「イヌ」です。

・・・マジメに描きました。

 

これはね、才能のなさを思い知りましたね。

ネコと違ってこの絵では「イヌ?」と答えてくれる人は少ないかもしれない。

でもよく見ているとだんだん味があるように感じられ・・なくも・・ない?

つぶらな瞳とか。

 

とりあえず、自分に「イヌは向いてない」と思いました。

 

で、イヌをあきらめて同じように描いたネコがこれです。

 

明らかにイヌよりネコの方がイイ!

「ネコは向いてるな」と思ったわけです。

 

ということで、One Step +α公式Lineスタンプのキャラクターは「ネコ」に決定しました。

 

 

いやー、しかしLineスタンプ40個を作るのは本当にしんどかった・・・

Lineスタンプは最低8個からなので別に8個とかでも良かったんですが、最初にLineスタンプの制限いっぱいの40個を作る!と目標を立ててしまったので頑張りました。

途中、何度も「やっぱ自分に絵を描くことは無理なんじゃないか・・・」と心折れそうなこともありましたが。

 


でき上ってみれば最初に比べればかなりまともな絵になっていて、我ながらびっくり。

まぁ、Line Storeで他のスタンプと並ぶと、あまりに稚拙で顔から火が出るほど恥ずかしいのですが(笑)

 

しかし、まがりなりにもまともな絵になったのは、デジタルツールを駆使したおかげです。

講座では絵を楽しんで描くこと以外にこうした便利なデジタルツールの使い方を学びます。

私のような絵の才能がゼロの男でも、こうして絵を描いて世に出せるようになったというのはオソロシイ時代ですね。

これが少し絵の上手な人だったらもっともっと上手に描けるわけです。

お絵描きが好きな生徒たちには、本当に早くこうしたツールに触れて慣れていってもらいたいなーと思います。

今後の人生においていろいろなところで役に立つことが出てくるはずです。

もちろん大人の方もそうですね。

絵の才能を持て余している主婦の方などには絶対おススメです。

 

One Step +α公式Lineスタンプ「ワンステップネコ」をもう少し見てみたいと思った方はこちらからどうぞ。

使えるスタンプがあるようなら、話のネタにぜひご購入下さい!(30B)

 

 

ウインタースクール2019についてはこちら

プログラミング学習についてはこちら

オンライン学習についてはこちら