· 

東京学芸大学から未来の先生達が来てくれました!

バンコク進学塾一歩 ブログ

こんにちは!!!トミーです!!!

先週10/9(水)に、東京学芸大学の学生さん達が塾に来てくれました!

毎年来て頂いて大変光栄です!

そして、何と去年来て頂いた学生のうち数名が今年バンコク日本人学校に勤務になっているそうです!

※もちろん国内で先生になっている人もいますよ!

 

つまり、未来の日本人学校の先生が塾に来てお話まで聞かせて頂きました!なんて貴重な機会!

ただ、大学の話は中学生にはまだ先のことに思えてるようで(当然ですが...笑)、高校受験のお話も聞かせてもらいました!そっちの方に興味津々でしたね笑。

 

「中3で部活引退して勉強始めたらめっちゃ大変でした...」

「私は中学から附属に通っていたので高校受験はありませんでした。」

など、色々とお話を聞かせてもらいました。

 

中でも「附属に通うと受験がない!」というのはちょっと衝撃だったようです笑。

(私も中1の頃なんて何も知らなかったですから人のことは言えませんが...笑)

そのお話でちょっと附属も考えようかな...という子が出てくるかもしれませんね。

 

今回改めて感じたのは、普段私たちも生徒に高校や進路の話はしますが、

年齢が近い先輩に聞く話はまた違ったとらえ方をされているな

ということです。

 

進路や他のことで悩むことがこれから必ずあると思います。

親の意見は素直に聞けない!なんてこと、よくありますよね笑。

そういうときは「同世代の友達に聞いてみる」ことも選択肢の1つです!

価値観の近い人の意見の方が素直に受け入れられることはよくありますからね。

 

そして、そうするためには「相談できる価値観の近い人がいること」が大前提です。

自分と価値観の合う人なんて、早々出会えるものではありません。

そういう人に出会ったら、是非繋がりを大切にして下さい!

今は離ればなれになっても、ラインやSNSで繋がっていられますよね。

(ただ、使い方にはくれぐれも注意が必要ですが!)

 

つまり、人とのご縁は大切にして欲しいなと思う今日この頃でした。

 

 

東京学芸大学から引率でいらした岩田先生、わざわざ足を運んでくれた学生の方々、本当にありがとうございました!そして、毎年お土産を頂いて大変恐縮です。昨年は合格達磨でしたが、今年は...

 

金運を招く「招き猫」を頂きました!

ソーラー電池で動いて腕を振ってくれますよ!振る度に「カチカチカチ...」と振り子時計のような音がしますが、その音が気になるK先生はソーラー電池の部分をふさいで動きを止めてました笑。

 

東京学芸大学の岩田先生及び学生の方々、この度はご来訪誠にありがとうございました。

この場を借りてお礼申し上げます。

是非来年もお越しください!お待ち申しあげております。

 

 

 

それではまた!