· 

NHKをぶっ...

バンコク進学塾一歩 ブログ

こんにちは!トミーです!

今日のテーマはですね、前回に引き続き参院選ネタなんですよ笑。

ネタは参院選ですが、取り上げたいのは『プレゼンテーション能力に関して』です!

投票はできなかったものの、入れようと思っていた方には当確が出ていたので一安心でした。

 

で、今回個人的に注目していたのは「NHKから国民を守る党」です!

※ちなみに、私が一票を投じようと思っていたのは別の方です笑。

 

第一印象が「なんて分かりやすい名前の党だ!笑」

ですよね!ほとんどの皆さんもそうではないでしょうか。

良く考えると、「自民党」「立憲民主党」「国民民主党」「日本共産党」「日本維新の会」etc...

党の名前だけではやろうとしていることが見えてこないことが多いですよね...(私だけですかそう思うの??)

もう長らく日本に住んでいないので受信料なんて払っていないのですが、日本では色々と受信料でもめてるみたいですね。

 

まあ、今回はそんな政策うんぬんではなく、「NHKから国民を守る党」代表の立花孝志さんの政見放送に関して!最初拝見した際には「政治家youtuber!?またちょっと変わった人出てきたな~」という印象でした。

 

がしかし!

 

この方のプレゼン、非常に理にかなった素晴らしいプレゼンでした!

もしご覧になりたい方はこちらからどうぞ!

 

※ここからは私個人の意見です。あらかじめご了承ください!

私個人的に素晴らしかったと思うポイントをいくつか挙げておきますね!

 

 

①キャッチコピーが明確であった

まず、プレゼンで相手にインパクトを残すと言ったらこれは欠かせません!

今までで言えば、

小泉純一郎元総理の「聖域なき構造改革」や、

田中角栄元総理の「日本列島改造論」

などは有名ですよね。今回のプレゼンでも「NHKを...」という明確この上ないキャッチコピーがあったので、恐らく多くの人の頭に刻み込まれたのではないかと思います。

 

②ちょっとしたジョークを交えてあった

これも定番手段で、通称「Ice Breaker」と言います。

今回のプレゼンでは、NHK社員の不祥事をネタとして連呼していましたね。

あとはキャッチコピーもジョークの要素がありましたが...笑。

ああいうちょっとクスッとでも良い(最悪ノーリアクションでも良い)ので、肩の力を抜いて聞けるフレーズがあると、聞き手はグッと聞きやすくなりますよね!

 

③テーマは1つだけで明確であった

プレゼンの基本は「1プレゼンで1テーマ」です!

欲張って短い時間にあれもこれも...と詰め込むと、結局右往左往して何が言いたいのか伝わらない...

という状態になってしまいます。

それに比べて、このプレゼンで言いたいことは

「NHKの放送にスクランブルをかける」

という1点に絞られていましたね。しかもそれを分かりやすい言葉で説明している点も素晴らしかったですね!キャッチコピーといい、政見放送なのに選挙権の無い小さい子でも聞けるようなプレゼンになっていました!

 

 

以上3点が私が立花氏のプレゼンにおいて良かったと思う点ですね!あくまで個人的にはですが、非常に政治家としてプレゼン能力には長けた方なのではないかという印象でした!

プレゼン内容に好みは分かれるかもしれませんが、少なくともプレゼンとして学ぶべき要素が沢山詰まったプレゼンだったと思います!

 

 

印象に残るプレゼンってやっぱり理由があるのですね!

 

※何度も言いますが、別に私や一歩がこの党を支持しているわけではありませんからね!

そこだけは誤解しないでくださいね! 笑

 

ではまた!