<動画アリ>文科省が小学校プログラミング教育の教材をYoutubeで公開!

こんにちは、鈴木です。

 

最近はずいぶん浸透してきましたが、2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されます。

もう1年を切りましたね。

学校側も着々とプログラミング教育受け入れ準備が進んでいることだと思います。

 

つい先日、文部科学省が小学校プログラミング教育の研修教材を公開しました。

ReseMomの記事です。

 

「小学校プログラミング教育、文科省が研修教材を公開」

 

特に目新しい話はありませんでしたが、今回は文書の公開ではなくYoutube動画を作成して公開していました。

 

 

小学校のプログラミング必修化は少し気になっているけど、わざわざ小難しい書類を読み込むつもりもないといった「ちょっと気になる」派の方はぜひ一度ご覧ください。

 

 

学校の先生向けの研修教材ですので、現時点で学校の先生と同じ知識を得ることができます。

Youtubeはこちら

 

プログラミング教育の概要と実際のプログラムの作り方をかなり丁寧に解説しています。

  

あ、そういえば今回の動画で使われているソフトは、「Scratch(スクラッチ)」と「Viscuit(ビスケット)」でした。

 

つまり小学校のプログラミング教育で推奨されるソフトはScratch(とViscuit)ということがほぼ確定です。

 

予想通りではありましたが、プログラミング教育はScratchを中心に動いていくことになるでしょうね。

 

動画は何本もありますが、一つだけ見るならこちらが良いかなと思います。

「小学校を中心としたプログラミング教育ポータルに掲載されている実践事例について」

 

小学生たちにこんなプログラミングをしてもらいますという具体的な例がいくつか紹介されています。

 

 個人的には音楽の授業での作曲が良かったです。

 

私はプログラミングはできますが作曲はできませんから、子どものときにこうした教育を受けていると音楽に興味を持ったかもしれないなーと思います。

 

プログラミング教育が始まることによって、これからプログラミングに興味を持つ子どもたちが増えてくると思います。

もっともっとたくさんの子どもたちに、今のプログラミング教育は楽しくてためになるものだということを知ってほしいなーと心から思います。

 

One Step +αでは毎月体験会を行っています。

興味のある方は、ぜひお友達とお誘いあわせの上ぜひ体験会にご参加ください。

 

 

他のプログラミング教育全般ブログはこちら

プログラミング講座の紹介ページはこちら