海外初!ジュニアプログラミング検定合格者 喜びの笑顔

こんにちは、鈴木です。

 

今回はジュニアプログラミング検定合格のおめでたい話です!

 

4月初旬にジュニアプログラミング検定を行いました。

One Step +αの2名の生徒が受検しました。

 

後から知ったのですが、実はジュニアプログラミング検定は海外初実施。

One Step +αが初海外検定だったということです。

光栄です!

 

そして、その2名の受検生、みごと2人とも合格してくれました!

おめでとう!!

 

2人とも満面の笑みです。

 

今回は初めての検定試験なので、受検級は3級にあたるBronze級です。

受検前は二人とも不安があったようですが、2回ほど検定試験対策の補習をやって本番に臨みました。

 

ジュニアプログラミング検定Bronze級の試験時間は40分。

集中してやっているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

 

今回の試験問題は、私の感覚では少し難しいかなーという感じがしました。

なので、試験監督をしながら『2人ともちゃんとできるかなー?』とドキドキしながら見ていました。

 

ちなみに、ジュニアプログラミング検定は問題に正しく解答できると得点の合計は90点もらえます。

そして、それにオリジナルの要素を加えることによってさらに10点分の加点があり、総合得点100点となります。

 

つまり、正しく解けただけでは満点はもらえないシステムです。

 

これは良いシステムだと思います。

やはり、プログラミングはオリジナル要素を加えてなんぼです。

自分の創造した世界観を表現するのがScratchを使ったプログラミングの醍醐味であると思います。

 

二人とも無事合格を果たしましたので、次は2級にあたるSilver級に挑戦をしていきます。

 

また、他の生徒たちも負けていません。

続々とBronze級に挑戦できる生徒たちが育ってきています。

 

挑戦可能になった生徒は、どんどん検定試験に挑戦してもらい、上の級を目指していってほしいと思います。

 

目指すは1級のGold級です。

が、やはり1級の検定試験はなかなかの難易度。

子どもたちが時間内に解ききれるかと思うと今のままではちょっと不安が・・・

いずれは1級を合格できる生徒たちがバンバン出るように私も気合を入れて教えていきたいなと考えています。

 

プログラミングをやってみようかな?とちょっとでも思ったら、ぜひ体験会にお越しください。

ほぼ毎月「はじめてのプログラミング」の体験会を行っています。

来年からは学校でもプログラミング教育が始まりますので、先取り教育としてもピッタリですよ。

 

 

P.S.ジュニアプログラミング検定を行っているサーティファイのFacebookでも紹介されました!

サーティファイのFacebookはこちら

STEAMコースの紹介はこちら

他のSTEAMコースブログはこちら

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    Mako (水曜日, 08 5月 2019 21:18)

    素晴らしいですね!
    ぜひ見習って私も勉強したいと思います!
    2人とも美人姉妹で頭も良くて羨ましいです!

  • #2

    One Step +α (木曜日, 09 5月 2019 01:26)

    コメントありがとうございます。
    二人とも本当によく頑張ってくれました。
    Makoさんもぜひ頑張ってください!

  • #3

    kazu (月曜日, 10 6月 2019 18:05)

    頑張ったね!此れからも 刺激しあって歩んで下さい‼️