· 

オープン参加の「アクティブラーニング」イベント参加者募集!

中学入試、高校入試、大学入試を数年後に控える方々に必見の情報です。

 

2020年から教育改革が実施され、入試では思考力が多く問われるようになり、さらに小論文や面接が行われる学校も増えてくると予想されています。

今後は今までの詰め込み式の勉強方法やテクニックに頼った勉強方法だけでは、太刀打ちできない問題が増えてくるので、小学生・中学生のうちから今までとは違った勉強方法も必要になってくると思います。

 

進学塾一歩グループではこういった入試改革に対応するため、今までの入試対策からこれからの入試に合った対策を今後進めていきたいと考えています。

 

 

<アクティブラーニングイベントのご紹介>

 

さて、今回そういった観点から「第5回すららアクティブラーニング」というイベントをご紹介いたします。

このイベントは誰でも参加が可能なオープンイベントで、すらら受講生でなくても参加可能、塾生である必要もありません。

 

「すららアクティブラーニング」イベントは、2020年の教育改革を見据えて行われるイベントです。

今年のテーマは、「科学技術の力で、地域を活性化する!」です。

 

すららアクティブラーニングイベントホームページはこちら

 

2017年優勝チームが長崎文化放送で取り上げられた際の映像

<アクティブラーニングイベントの流れ>

イベント参加には3段階あります。

少しずつ子どもたちに慣れていってもらい積極的・能動的(アクティブ)自ら学習(ラーニング)をしていってもらえるように配慮されています。

 

第1段階(5/8~6/4)は専用SNS(すららチャットマップ)で質問に答えるだけです。

毎週1問ずつ出題される4つの質問にWEB上で回答します。

その回答について、他の人からコメントがつくかもしれませんし、他の人の回答に自分でコメントをつけるかもしれません。

 

その繰り返しにより議論を行い、深めていくことができるようになっていきます。

LineやInstagramでコメントをする感覚でできるので、ぜひ多くの方に参加をしてほしいと思います。

 

全4問すべてに答えた人の中から抽選で50名に、オリジナルグッズが贈呈されます。

ちなみに、去年は1700もの回答が寄せられたとのことです。

 

第2段階(6/8)では、オンラインワークショップで全国の参加者と交流することができます。

学年や地域を超えて、全国の参加者とグループワークに取り組むことで、初対面の人との接し方や共同作業という貴重な経験を得ることができます。

 

こういったグループワークは最初の敷居は高いですが、一度そこを乗り越えれば次からはどんどん敷居が下がっていきます。

1日だけのイベントですが、子どもたちの度胸を付けるためにもとても良い機会になるでしょう。

 

第3段階(6/5~7/12)では、3人一組のチームを作ってレポートを作成します。

第2段階まではWEB上で完結する関係ですが、ここからはリアルで交流できる人と組むことが必要です。

課題に沿った最終レポートを作成してすららネットに提出します。

 

この後、優秀レポートに選ばれたチームには第4段階(8/17)が待っています。

東京にて行われるレポートのプレゼンテーション大会に招待され、そこでプレゼンテーションを行って最優秀チームが決定される流れになっています。

 

 

<アクティブラーニング参加方法>

第1~3段階は、参加の意志さえあればすべての生徒が参加可能です。

 

すらら受講生、一歩グループの塾生などの所属は問いません。

他塾の生徒でも全く問題ありません。

 

まずはSNSに参加して、自分の意見を書き込んでみましょう。

それがアクティブラーニングイベント参加の最初の一歩となります。

 

第1段階で、「テーマが難しいな・・・」、「もうやりたくない・・・」、となったときには次に進む必要はありません。

気楽に参加してもらえればそれでOK!

 

 

<イベント参加で得られるもの>

すららアクティブラーニングでは、まずテーマに沿った知識が多少なりとも身につきます。

意見するためには知識がなければ意見ができません。

何も知らないと発言すらできませんからね。

自分でそのテーマについて調べたりすることでしょう。

これはすべて自発的に行うことです。

自分で何かを調べる良いきっかけになるでしょう。

 

そして、SNSの議論によって自然と自ら考えるといった経験をすることができます。

自分はこう思う、けれども他の人はこう思っていた、なぜそう考えたのか?どちらの方が良い意見なのか?などSNSのコメントを通じて議論が発展します。

これによって自ら考える力=「思考力」をきたえることができるでしょう。

 

さらに第2段階へ進めば、初対面の人と交流するという少し度胸のいる体験ができます。

ここまでは一人で参加できるので、興味のある人はぜひここまで参加してほしいなと思います。

最初は緊張するかもしれませんが、終わってみると多くの子どもたちが「楽しかった!」と語っています。

 

第3段階では3人一組のチームでレポートを作成するので、レポートを作成するための「基礎知識」「論理力」「構成力」「調査力」「行動力」「コミュニケーション能力」など様々な力をフル活用で取り組むことになると思います。

レポート作成まですることができれば、一つの物事を成し遂げた達成感や満足感を得ることができ、その経験は今後の人生においてかけがえのない宝物になることは間違いないでしょう。

 

直接的には、中学、高校、大学入試においてこの経験を生かした小論文作成や面接における生きた経験談を語ることができるようになります。

 

そして提出したレポートがもしも優秀レポートに選ばれれば、栄えあるプレゼン発表の場が与えられます。

優勝賞品もあります。

ここまでできたら、入試などでもかなりアピールポイントが高くなりますね。

もちろん、ただのアピールのネタとして以上に生徒本人に大きな自信がつき、グッと成長することができるでしょう。

 

すべては第一段階でSNSに気軽に投稿することから第一歩が始まります。

ちょっとだけマジメに考えてSNSに参加してみましょう。

 

最後に優秀レポートに選ばれ、大会で優勝したチームの動画をご覧ください。

きっとレベルの高さに驚くことだと思います。

 

ご興味のある方は、ぜひOne Step +αにお問い合わせください。

 

このイベントはオープン参加のイベントです。

何度も申し上げますが、一歩グループの生徒でなければいけない、といった縛りはありません。

むしろ、この機会に塾としての垣根を越えてバンコク在住日本人というくくりで、多くの子どもたちがバンコクから参加できればこれほど嬉しいことはありません。

 

他塾の先生でこのブログを見ている先生がいれば、ぜひ参加をご検討ください!(笑)

バンコクの子どもたちの力を日本の子どもたちに見せつけてあげましょう!

 

塾の利益といった小さなことを超えて、バンコク在住の子どもたちにとって今後の人生の糧となることができれば幸いです。  

 

他のすららブログはこちら

すららの講座紹介はこちら