「はじめてのプログラミング」授業の様子をご紹介

こんにちは、鈴木です。

 

今日は「はじめてのプログラミング」の授業の様子をご紹介します。

 

プログラミング道場の授業の様子はこちら

 

「はじめてのプログラミング」は全13回の授業です。

最後の第13回目は卒業試験と位置付けていますので、実際の授業は12回分になります。

 

One Step +αでは、第12回まで終わった生徒は今まで作ってきた作品を一度復習で作り直ししています。

全体の復習が終わったところで、卒業試験の第13回を行うといった流れです。

 

今日来ていた生徒は小2と小4の2人だったのですが、2人ともその復習に入っている生徒でした。

 

・・・ところが。

One Step +αでは、夏休みと春休みに「One Step +α祭り」を開きます。

 

「はじめてのプログラミング」を受講している生徒たちは、そこでオリジナル作品の発表をしてもらいます。

まだまだ夏のOne Step +α祭りまでは3か月あるんですが、これをもう作り始めたい!と言われてしまいました。

 

いろいろとネタも考えてきているみたいで、嬉しそうにこれをこうして、あれをああして・・・と話をしてくれます。

「じゃ、今日の復習をひとつだけ終わらせてから、それをやろうねー」と言ったんですけど、言い終わるころにはオリジナル作品作りがスタートしていました(笑)

あっという間にオリジナル作品作りに集中しています。

 

 

そして、それを見たもう一人の生徒も「ボクも作りたい!」と始まり、「じゃ、今日の復習をひとつだけ終わらせてから、それをやろうねー」とまた言ってみたんですけど、言い終わるころには・・・以下同文。

 

今日は、オリジナル作品作りに授業内容が変更となった瞬間です。

 

一人の生徒は10分ほどで、こんな画面ができあがりました。

 

Scratchは、もともといろいろなキャラクターが用意されています。

右の写真で言えば、ネコはもともとScratchで用意されているキャラクター(スプライト)です。

  

しかし、それ以外に自分で絵を描いてキャラクター(スプライト)を作ることもできます。

ネコ以外のキャラクターや背景は生徒がさっと描いて作ったキャラクターです。

わずか10分程度であっという間にこうしたキャラクターを作ることができるのは大したものですね。

 

ちなみに、今日の授業で一緒になった二人ははじめての顔合わせ。

 

そのため、二人でお互いの技術を教えあったりしていましたので、なんとなく絵柄が似たようなものになっていました。

この写真で描かれている絵は、ボールをぶつけられて怒っているところだそうです。

私はよく知らないのですが、にゃんこ大戦争というゲームのキャラクターだということです。

 

私自身は絵を描くことが苦手です。

なので、子どもたちにプログラミングを教えることはできますが、絵の描き方を教えることができません。

 

しかし、子どもたちはスゴイですね。

さらさらっと描いていきますが、描きたいもののイメージはよく分かります。

細部をきれいに描くの難しいですが、ゲームやアニメを作る場合には、ざっくりとしたイメージがあれば良いと思います。

実は子どもたちの絵を見ながら、「ああ、こう描いたらこういうイメージなるのか!」「なるほど、そこでグラデーションにするとこうした絵柄になるのか!」とこっそり私自身の絵の勉強にさせてもらっています(笑)

 

小一時間かけて、こうした動画ができあがりました。

まだまだ作りこむ必要もありますし、2シーンしかできていませんが、わずか小一時間で小学4年生が作った作品です。(3シーン目もできてたんですがうまくプログラムが作動しなかったようです)

 

まだバックミュージックもついていないので、生徒の鼻歌です(笑)

 

結局、今日の授業で復習はできませんでしたが、代わりにオリジナル作品作りができました。

うまくプログラミングできない部分があったり、工夫を加えてうまく動かすこともできたりと、良いところもあれば悪いところもあります。

 

こうした試行錯誤を加えながら、自分のアイデアを実際の形にすることができるのが、Scratch講座の良いところ。

絵を自分で描いてArt力を磨き、イメージ通りに動かすプログラミング力を養っていきます。

自分の作品を作り上げるためにこうした作業を繰り返していくことで、様々なことを子どもたちは学ぶことができるのです。

 

子どものうちからこうしたことを学んでいる子と学んでいない子では、「創造力」「独創力」「論理力」「芸術力」「プログラミング力」などなどに大きな影響を与えると私は確信します。

将来性もあり、子どもたち自身の才能を磨くためにもプログラミング教育は本当におススメです。

 

「子どもがプログラミングに興味がある」、「子どもにやらせてみたい」などお考えでしたら、ぜひ体験会や説明会にお越しください。

 

<4・5月のイベント>

4月28日(日) 13:00~14:30 はじめてのプログラミング体験会(体験料:600B)

5月12日(日) 13:00~14:30 micro:bitで遊んでみよう!(体験料:2000B micro:bit購入費込み)

5月15日(水) 13:00~14:30 One Step +α説明会

5月19日(日) 13:00~14:30 プログラミング道場体験会(体験料:700B)

5月26日(日) 13:00~14:30 はじめてのプログラミング体験会(体験料:600B)

 

お申し込み、お問い合わせはメールやお電話にてどうぞ。

 

 

STEAMコースの紹介はこちら

他のSTEAMコースやプログラミング道場ブログはこちら