体験会開催決定!イギリス発祥「micro:bit」

こんにちは、鈴木です。

 

ついに始まりました、新学年度「令和元年」。

One Step +αは2年目に突入です。

 

1年目はスタートしてからも新講座が次々にオープンしていきました。

2年目もまだまだ新講座をオープンしていきますよー。

 

今回は、5月の体験会からひとまず体験会ベースで行っていこうかと考えている「micro:bit(マイクロビット)」をご紹介します。

 

「micro:bit」の紹介の前に少しだけ「イギリス」のプログラミング教育事情について触れさせてください。

 

イギリスは世界でももっとも子ども向けプログラミング教育に熱心な国の一つです。

2014年から義務教育でプログラミング教育を全国で導入しています。

しかも、5歳から!

ちなみに、プログラミング教育の義務教育化は、G20諸国の中で初の取り組みです。

 

特筆すべきなことは、国の目的やねらいの中に「児童がComputational Thinkingを身につけ、世の中を理解し変革する力をつけ、将来のデジタルワールドの積極的な担い手になる」ことが描かれていることです。

今の子どもたちは、はっきりと「将来IT労働をする」んだというビジョンを打ち出していますね。

 

つまり国の目標としてイギリスではすべての国民がプログラミングなどのコンピュータースキルを身につけることを義務付けているわけですね。

将来、IT労働が世の中の大半となる時代が来たときには、イギリスの一人勝ちになるかもしれません。

何しろ、国民全員がエンジニアなのですから、他の国は逆立ちしてかなわないでしょう。

 

たとえて言うなら、自分の周りに一人や二人はいるITに強い人、絶対こういう人にITで勝負してもかないませんよね。

その強い人が国民全員というのがイギリスという国(になるかも)・・・

ね、逆立ちしてもかなわないですよね。

 

世の中で今後IT化社会への流れが加速することは火を見るよりも明らか。

IT化しない方向に時代の流れが進むはずもありません。

そんな時代を迎えたときに、イギリスのような「国民皆エンジニア」という国に対して、日本ははたして勝負できるのか・・・私は不安しかありません。

 

少し話がそれました。

 

そんなプログラミング教育先進国のイギリスでは、11歳から12歳の小学生全員に「micro:bit」を配布しています。

micro:bitとは、イギリスの公共放送局であるBBCが中心となって開発した教育用小型コンピューターボードです。

 

わずか4cm×5cmの小さなコンピューターですが、「明るさセンサー」「温度センサー」「加速度センサー」「地磁気センサー」といった4つのセンサーが搭載されているスグレモノです。

このセンサーを駆使するようなプログラミングを組めばmicro:bitを使っていろいろ遊ぶことができる!というわけです。

 

One Step +αでは、このイギリスで使われている教育用小型コンピューターボード「micro:bit」を使った体験会を5月から実施する予定です。

マイクロビットを購入していただく必要がありますが(One Step +αで用意します)、プログラミング自体はオンラインでできるので、おうちに帰ってからも自分でプログラミングして遊ぶことが可能です。

プログラミングは専門的な知識はいらず、日本語で書かれたブロックを使用するので小学生からOKです。

 

初のmicro:bitを使った体験会なので、私の方も子どもたちの反応がどうなるのか楽しみなような不安なような。

なんとかみんなが楽しめるような体験会にしたいと準備を進めています。

 

micro:bitの体験会にご興味のある方はどうぞお問い合わせください。

体験会は、5月12日(日)13:00~14:30、対象学年は小3以上を予定。

パソコンの台数、micro:bitの台数にも限りがあるため、定員になり次第募集をストップさせていただきます。

 

<4月・5月の体験会・説明会>

4月21日(日) プログラミング道場体験会 体験料:700B

4月24日(水) One Step +α入塾説明会13:00~14:00

4月28日(日) はじめてのプログラミング体験会 体験料:600B

 

5月12日(日) マイクロビットで遊ぼう! 参加料:2000B(マイクロビット購入費用込)

5月15日(水) One Step +α説明会13:00~14:00

5月19日(日) プログラミング道場体験会 体験料:700B

5月26日(日) はじめてのプログラミング体験会 体験料:600B

 

<時間>

全日程 13:00~14:30

 

多くの方のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

STEAMコースの紹介はこちら

他のSTEAMコースやプログラミング道場ブログはこちら