· 

トミーのマスターズ陸上挑戦記 vol.4

バンコク進学塾一歩 ブログ

こんにちは!!!トミーです!!!

 

本日はレースは無かったので、朝6時から朝練してきました!

何故こんな時間に行ったかというと、

 

この時間なら誰もいないので、

本番と同じトラックで練習できるから

 

です笑。

何故本番と同じトラックで練習したかったかというと、

本番で使う200mトラックって傾斜があるからです!

つまり、この200mトラックってまっ平じゃない!コーナーの部分が傾いてるのです!

 

 

 

こんな感じです。伝わるかな...

1レーン(内側)と6レーン(外側)の

高さが約1mも違うんですよ!

見た目以上にかなり傾いてます!

 

 

いつもはフラットなトラックでしか練習していなかったので、これはかなり新鮮な感じでした!

かなり内側に傾いているので、いつも通り内側に力をかけて走ったら、内側のレーンに突っこんで失格...みたいになりそうで怖いですね...笑(←ラインを踏んだら失格なので)

特に6レーン(外側)は一度坂を上ってから下るような感覚ですね。

 

いや~1度試に走っておいて良かった!事前に下見や準備をしておくのって大事ですね!

恐らく朝来たら本番のトラックが使えるって知らない人も沢山いるのではないかと思います。

練習に来てたの私を含めて2~3人でしたからね。

やはり何事も情報って大事ですね!

 

何故私がそのことを知っていたかというと...

昨日他の日本人の先輩に聞いたからです笑。

その方は何と62歳!60m、200m、400mに出場されている方です!

400mは何と決勝まで勝ち進んだそうです!

その方に色々とお話を聞いたのですが、その内容を一部ご紹介します。

 

マスターズで勝つ一番のポイントは『長く続けること』です。若いころにトレーニングしすぎて、怪我をして途中で辞めていく人を沢山見てきました。部活やプロの世界と違って、マスターズはいつまででも続けられるので、長く続けていけばいつか必ず勝てます。特に日本人は長寿なので、その点では有利です。是非息の長い競技人生を目指して、あと30年頑張って下さい。私もまだまだひよっこですから。」

 

とのことでした。62歳でまだまだひよっことは...私なんかまだ影も踏めてませんね。

そして、あと30年...サラリと言われましたが、途方もない年月だ...笑

 

他にも色々な方とお話をさせて頂いたのですが、こんな出会いがあるのも面白い所でした!

 

 

 

明日200mです!悔いの残らないよう全身全霊でやり切ってきます!

 

それではまた!

 

誰もいない競技場だったので、

競技場内からも写真が取れました笑。

スタートラインから観客席を見るとこんな感じですね。