日本人のYes/No疑問分=命令文??

バンコク進学塾一歩 ブログ

こんにちは!!!トミーです!!!

 

しばらくブログがご無沙汰になってしまいました...申し訳ない...

 

さて、本日はちょっと日本人のモノの見方・考え方についてお話します。私にしてはちょっと真面目な回です笑。

 

先日ベンジャシリ公園でトレーニングをしていたところ、鉄棒の真下で腕立てしているタイ人Aがいました。私は内心「別にあえてココでやらなくても...」と思っていたのですが、案の定鉄棒を使いたそうな他のタイ人Bが「鉄棒使っていい??(←恐らくタイ語でこう言ったのだと思います笑)」とタイ人Aに聞きました。

私も「そりゃそうだよな...」と思いながら見ていたのですが、そのタイ人Aの答えは

 

『ダメだ!!!』

(※タイ語では『メダイ』です。タイ人はよく何でも『ダーイ(できる)』と言うのですが笑)

 

でした笑。ただ、私がビックリしたのはその後!!!

断られたタイ人Bのリアクションが

 

『OK。気にしないで!』

(※タイ語では『マイペンライカップ』です。意味は『気にしないで』『別にいいよ』で、タイでは非常によく使います笑)

 

一見日本人的感覚なら、

『何て自分勝手なタイ人A!!!』

『そこは普通場所空けるところだろ!!!』

 

と思うかもしれませんが、そこで私は

『何て小さい男なんだ俺は!!!』

と思ってしまいました...

 

だって、Yes/No疑問分で聞いた以上、『No』の答えがあっても本来は全然問題無いですよね??ただ、日本人の空気感として、

 

『ここは当然Yesが返ってくるでしょ』

『どうせYesと答えるでしょ』

 

と思って、質問する人が『No』の答えを想定していないことって多い気がしませんか??答えが1通りしかないってことは、それってほぼ命令文ですよね??

正直私も当然のように『あ、すみません。今どきますね。』みたいな感じでどいてくれると思ってしまいました...更にそこで『No』の答えをもらったからってイラッときたりしようものなら、『自分勝手なのはどっちだよ!』という話ですよね。

 

しかし、今回のタイ人のやりとりは、『まずそのスペースを使っている相手にリスペクトがあって、その人の意見を尊重する』という姿勢を感じました。(実際タイ人がどう思っているかは分かりませんが...笑)

 

 

普段ならスルーしてしまいそうな何気ないやりとりでしたが、私にとってはビビビッ!!!と衝撃が走った瞬間でした。反省ですね...

 

どんな時でも相手に対する『感謝』と『敬意』

この2つは大事にしていかねばと改めて考えさせられました。

 

 

 

今回は柄にもなくちょっと真面目な話でした笑。