· 

中学生第2回定期テスト結果を受けて今後の勉強方法を見直す人のために送る3つのアドバイス!!

 

こんにちは、鈴木です。

 

日本人中学校の生徒たちはテストが終わり、ほっと一息というところでしょうか。

そして来週にはぞくぞくとテストの結果が返ってきます

はたして期待通りの結果が返ってくるのかどうか不安ですね(笑)

 

さて今回はテスト結果を受けて、今までの勉強のやり方を変えていかなければならないとお考えの方に3つのアドバイスを送ります。

 


目次

・アドバイス1 絶対にさけるべきはせっかちな環境変更

・アドバイス2 取り返しのつかないことになる前に行動する

・アドバイス3 子どもの勉強意欲、理解力、志望校を考えて最適な環境を選ぶ

・進学塾一歩とオンライン学習「すらら」


アドバイス1 絶対にさけるべきはせっかちな環境変更

子どものテストの結果にやきもきするのは、多くの保護者に共通する気持ちです。

早く結果を出したいがために、いろいろと試してみたくなる気持ちは分かります。

 

しかし、勉強というのは一朝一夕に結果の出るものではありません。

中学生くらいだと結果が出るのが早い子でも3か月はかかると思った方が良いでしょう。

成績が上がるまでに1年かかる生徒だってざらにいます。

 

しかも、勉強は継続してやらないと結果が出ません。

勉強をちょこちょこやっていてもダメです。

宿題を答えを見ながらてきとうにやっていてもダメです。

ましてや、出された宿題をまともにやらないなんて論外です!(#^ω^)

 

とはいえ、言うは易し行うは難し・・・

皆さんも自分の学生時代を思い返せば、そう簡単でないことは多くの方に同意をいただけることでしょう。

 

勉強を継続して頑張るには、ある程度の強制力とそれをフォローする存在が必要です。

自分の意志だけで継続した勉強ができる子はそうそういないのが現実です。

塾や家庭教師に厳しい環境を求めるか、子どものやる気を引き出してくれる環境を求めるかは、お子様によってまたご家庭の指導方針によって変わってくることだと思いますが、生徒と先生との信頼関係は時間をかけて築いていくもの。

あまりせっかちに環境を変更するのは厳に慎んでください。

 

そうして落ち着いてロングスパンで成績アップへの取り組みをやっていく中で、はじめて自分に合った成績が上がる勉強方法を見つけていくことができるのです。

自分に合った勉強法や勉強習慣を見つけるのはそう簡単ではありませんので、焦って結果を求めるのは禁物です。

 

 


アドバイス2 取り返しのつかないことになる前に行動する

とはいえ、気長に2年も3年も待てないことは事実です。

そんなことをしていては入試が終わってしまいますね。

 

先にも触れたとおり、成績はすぐに上がるものではないので、取り返しのつかなくなる前に行動する必要があります。

 

今、塾や家庭教師で勉強しているのなら、まずは成績向上のためのアドバイスを先生に求めてみましょう

何か不満があればしっかりとそれを塾に伝えることも重要です。

そのご相談内容によって塾でも新たな指導方針を立てていくこともできます。

 

もしも、そこできちんと対応してもらえないようでしたら、すぐに見切りをつけてしまった方が良いでしょう。

生徒からの成績アップに対応してほしいというサインに、どれほど親身になれるかは重要です。

 

対応してもらったけれども、やはり成績向上や子どものやる気の向上が見られないようでしたら、取り返しのつかなくなる前に思い切って環境をかえてみることをお勧めします。

 

また、今現在学校以外での勉強をしていない生徒は、中3になってからの塾通いでは「まちがいなく遅い」ということだけは認識しておいてください。

 

私も長年の講師生活で多くの生徒を見てきましたが、中3からの塾通いでは遅い生徒をたくさん見てきました。

転塾に関してもそうですね。

どうしてこうなるまで放っておいた?と聞きたくなる生徒もいっぱいいます。

特別事情がない限り、高校進学で選択肢をなるべく増やすためにも塾通いは早めにされることをお勧めします。

 


アドバイス3 子どもの勉強意欲、理解力、志望校を考えて最適な環境を選ぶ

思い切って環境を変えてみるとなっても、環境変更が改悪になってはいけませんね。

そのためには、新しい環境の様子を事前にしっかりと調べる必要があります。

 

注意するポイントは、今までの環境との違いです。

勉強の環境を変えるということは、大きな選択です。

そうそう何度でも変えられるようなものではありませんから、前の環境での不満点がきちんと改善されるかを確認しましょう。

 

逆に言えば、今の不満点が解消されそうにないのなら環境の変更は必要ないといえるでしょう。

環境を変えてもすぐに成績が上がるとは限りません。

慎重に検討してください。

 

また、親の希望だけを押し付けることも避けましょう

もっと勉強をしてほしい、もっと集中してほしい、こういう点で子どもに不満を持たれている保護者は多いかもしれません。

しかし実際に勉強するのは子どもです。

どんなに親が“子どものために”もっとたくさん勉強をすることを願っても、本人がその気になれなければ空回りするだけです。

 

今の時代、勉強だけが取り柄ではありません。

昔と違って、通信制の高校も増えてますし、大学に行かなくてもプログラミングなどの専門性を身につければ職に困ることもありません。

 

子どもの勉強への意欲や、理解力、そして最終的に求める志望校の学力を総合的に判断してより良い環境を探してみましょう。

 

 


進学塾一歩とオンライン学習「すらら」

進学塾一歩では子どもたちが楽しく勉強ができる環境をしっかりと整えています。

土曜の無料補習定期テスト対策進路指導も手厚く対応しています。

中学受験科も経験豊富な専任講師がしっかりと面倒をみます。

体験授業もたっぷり2週間ありますので、お子様の勉強について悩んでいる場合には一度ご相談にお越しください。

特に進路指導ではセカンドオピニオン(有料)も行っています。

学校や塾での進路指導に疑問があるけど、詳しいことは分からない・・・他にも何か方法があるかもしれないし、ないかもしれません。

もやもやがあるのなら一度一歩のセカンドオピニオンをお訪ねください。

 

 

One Step +αでは、オンライン学習の「すらら」を導入しています。

こちらは、オンラインのキャラクターが完全個別指導で教えてくれます。

通塾は週に1回だけでもOK

残りは家で毎日ログインしてすこしずつ勉強をすすめましょう。

 

すららではアニメーションでレクチャーが行われるので、なにより子どもたちが楽しく勉強できることがポイントです。

勉強がキライでキライでしょうがない生徒もこれならやってみようかなという気持ちになれます。

またパソコンを使った勉強なので、自然とパソコンの使い方にも慣れてくるのは嬉しいところです。

 

「オンラインでは解き方が分からなかったときに困るのでは?」という心配をされる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、心配ご無用。

分からないところがあればすららの質問サポートもありますし、私も塾で解説をします

オンラインだからと言って、分からないことを聞けないということはありません。

 

また、塾などの一斉授業と違って、過去にさかのぼって勉強できることはオンライン学習の大きな強みです。

今ならっている勉強が分からないけど、どこで躓いてしまったかも分からない・・・という生徒も何年でも学年をさかのぼって勉強できるので安心です。

その逆に今の学年より先に進みたいという希望もかなえられます。

例えば、小学生で英語の勉強を早めに始めたい生徒は、今すぐ中学生の勉強に入れます。

 

塾に通えない遠隔地の方の勉強サポートもOKです。

すららがあれば、塾通いができないことで受験を不利にはさせません。

スケジュール管理も塾でしっかり行います。

 

英検や数検、中学英語の総復習などは無料オプションで学べます。

また、理科・社会、オンライン英会話、TOEIC、割合・速さなど様々な有料オプションも充実しています。

 

授業料も決して高額ではないので、今の勉強にプラスアルファといった使い方も可能です。

特に日本から引っ越しの際に、日本の学校とバンコク日本人学校との間でのタイムラグに苦しんでいる生徒には最適です。

抜けている分野をしっかりとすららがサポートいたします。

体験授業もたっぷり2週間、家で使い勝手をしっかり確認してください。

 

最後に、すららでは公立高校レベルの問題まで対応しています。

私立の上位校を目指す生徒には不向きですが、一般レベルの公立高校を志望する生徒にはぜひ一度お試しいただきたい教材です。

 

進学塾一歩およびOne Step +αへのお問い合わせは、メールもしくはお電話でどうぞ。