· 

平成30年7月豪雨

~バンコク進学塾一歩より~

こんにちは。冨岡です。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、先日西日本で記録的大雨がありました。

気象庁から「平成30年7月豪雨」と命名され、発表されました。

私の地元「岡山県総社市」(←倉敷市の隣)も倉敷市程ではなかったようですが、非常に多くの被害があったようです。工場が爆発したのも総社市でした...

 

実は岡山県は「晴れの国おかやま」と言うほど降水量の少ない県なのです。

(事実、統計では雨の日が全国一少ないそうです。)

北の中国山地、南の四国山地という天然の城壁に挟まれ、台風も山地に沿ってそれていく、という天災の非常に少ない県です。なので、正直私自身も天災の怖さを甘くみていました。そして、まさか岡山にそんな記録的豪雨が来るとは、と油断もしていました。

 

今回のことがきっかけで、少し私も「避難」について調べてみました。

今までが勉強不足でお恥ずかしいのですが、調べてみて分かったことを1つお伝えします。

災害時は「避難勧告」や「避難指示」が出るのですが...

 

避難勧告→避難した方がいいよ

避難指示→つべこべ言わず避難しろ!

 

というニュアンスだそうです。ただ、いずれも「法的拘束力は無い」ので、従わなかったからといって罰則は無いようです。「避難命令」というのは言葉の上で使うだけで、法律上そういう規定は無いそうです。ただ、命令調に伝えることで、受け取り手に緊急性を認識させるという意味合いがあるそうです。

実際2010年の東日本大震災の際に、茨城県大洗市で「緊急避難命令。大至急高台に避難せよ」という呼びかけがありました。そして、その後4mを超える津波に襲われましたが1人に死者も出さずに済んだそうです。

 

雨の場合は地震と違って予測がしやすいと言われています。私は直接現地にはいませんでしたが、「たかが雨でしょ」と思わず、自分の身は自分で守る姿勢が必要ということを思い知らされました。今回の平成30年7月豪雨も、今後の教訓として活かされてくれればと思います。

 

そして、まだ行方不明の方が1人でも多く救出されることを切に願っております。

 

 

冨岡